結構面白い
深夜アニメらしい、コードギアスが面白かったです。らしい、というのはweb配信で見たから。最新話は無料で配信されてます。

舞台はパラレルワールドの地球。歴史や地理もかなり似てます。一方、エリザベス1世に子供がいたり、と違っているところもあり、面白いです。現在は、こちらのアメリカ合衆国にあたる部分を占めているブリタニア帝国に日本が占領されて、悲惨なことになっているという設定。日本という名前も剥奪されてイレブンと呼ばれてます。11番目の植民地ということみたい。社会の様子は、携帯があったり、電車が走っていたりとこちらの現在に近いです。

ブリタニアに抵抗すべく立ち上がるのが、死んだことになっているブリタニアの皇子様、ルルーシュ。顔を隠してゼロと名乗り、ブリタニア相手に戦います。ルルーシュは皇族内の内紛から母親を殺され、妹は盲目・車椅子生活になり、さらに人質として日本に送られ、とブリタニアをうらんでます。ブリタニアの元皇子率いる勢力が、レジスタンス最大の勢力になってしまったイレブン、もとい日本……。結局ブリタニア皇族の兄弟親子喧嘩のだしになっとりますがな。

一方、テロはいけない!ブリタニアを中から変えなければ!と意気込んでるのが最後の日本首相の息子、スザク。ブリタニア軍に入って、レジスタンスと戦ってます。ブリタニアの皇子様が日本のために戦い、日本の首相の息子がブリタニアのために戦い…。人間関係が幾重にもねじれてるところが、なかなか。

戦いのシーンのほかにも、ルルーシュは学生なので学園生活も、きっちり描かれていて、楽しいです。ルルーシュが偶然手に入れた特殊能力も、この先どうストーリーとかかわっていくのか気になりました。



パラレルワールドとはいえ、日本が欧米系の国家(ないしは民族)に征服される話って、どうなんでしょうね。征服される相手はアジア系やアフリカ系だと商業的にもその他大人の事情的にも、まずいのだろうか、まずいのかもな。だとしたらなんでだろうな?やっぱ歴史的なあれやこれやが関係してるんだろうな。欧米だと、この手の自国や自民族が他国や他民族に征服されるフィクションってあるんだろうか、とか。色々考えてみたり。

それと、この作品は萌え要素が詰まっています。萌え担当はブリタニア人多し。というか、そもそも主要キャラクターはブリタニア人が多いんですが。

フェチ系で、欧米系が上位!な作品って、昔からあったなぁ。例えば谷崎潤一郎のナオミとか。主人公が、ナオミを日本人離れしてるとか、アメリカの映画スターにいているとか賛美するシーンがたっぷりあります。ナオミを通じて、主人公は欧米の文化を賛美しています。そして、最後には主人公はナオミに身も心も支配されるわけです。さらに欧米上位!方向にいっちゃった作品だと、「家畜人ヤプー」とか…。(←いくらなんでも飛躍しすぎ。それにコードギアスは多分欧米自体がフェチの対象ではない。征服されてるけど)

明治以来、日本人が抱えてきたいろんな相克が、アニメにも反映されてるのかな~?とちらっと思ったりしました。しかし、あれこれ突っ込んで考えるといろいろめんどいので、これ以上ごちゃごちゃ言わずに素直にルルーシュやナナリーに萌えることにします。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-02-04 01:10 | 雑文
<< 無駄話… グーグル >>