無駄話…
諸事情により、全国47都道府県のせいしょうねんけんぜんほごいくせい条例を見比べていました。けんぜんってね。何が健全とか健全でないとかは実に難しい問題だと思うんですが、それはさておき。

ちなみに、大変面倒でした。これをちょっとでもいい考えだと思った自分はどうかしてる、と思いました。

で、思ったことをつらつらと
・長野県だけはなぜかない。しかし、それ以外にはある。つまり、国会が作った法律がなくても、全国的にほぼ似たり寄ったりの規制がある、ということになりますな。地方自治万歳と思うべきなのか、横並びでしょーもないと思うべきなのか。
・自治体によって名前が違う。どうでもいいけど兵庫県あたりの、愛護条例ってのはどうなんでしょ。愛護というとペットを思い浮かべてしまう…
・大人の玩具も販売を規制されているのですね。もちろん条例は大人の玩具なんて言葉は使っていなくて、例えば東京都は特定玩具でした。特定玩具…。これはこれで表現としては…。そして、玩具の定義がもちろん、定められています。↓これは山口県の条例施行規則
(有害がん具類等の形状等)
第2条の3 条例第6条の2第5項第1号の規則で定める形状、構造又は機能を有 する性具は、次に掲げる性具とする。
 (1) 性器を模した性具
 (2)性器を包み込み、又はこれに挿入することができる性具で、電動式の振動機を 内蔵し、又は装着することができるもの
禁止規定を見ると、社会になにがあるかが、逆によーくわかるなぁと思いました。(遠い目)汝殺すなかれというのは、殺人があるから存在する言葉であり、上の規定もこの手のものがあるから定められているわけでして。




・有害図書も、結構細かく要件が決められています。本気で規制をかけると、BLも一部引っかかりそうな感じなのですよね。↓これは大阪府の条例
(有害な図書類の指定)
第十三条 知事は、図書類の内容の全部又は一部が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、当該図書類を青少年に有害な図書類として指定することができる。
一 青少年の性的感情を著しく刺激し、青少年の健全な成長を阻害するもので、規則で定める基準に該当するもの
二 青少年の粗暴性又は残虐性を著しく助長し、青少年の健全な成長を阻害するもので、規則で定める基準に該当するもの
三 青少年の犯罪を著しく誘発するおそれがあり、青少年の健全な成長を阻害するもので、規則で定める基準に該当するもの
で↓がその細則を定めた施行規則
第四条 条例第十三条第一項第一号の規則で定める基準は、次に掲げるとおりとする。
一 陰部、陰毛若しくはでん部を露出しているもの(これらが露出と同程度の状態であるものを含む。)又はこれらを強調しているもので、青少年に対し卑わいな、又は扇情的な感じを与えるものであること。
二 全裸、半裸若しくはこれらに近い状態での自慰の姿態又はこれらの状態での女性の排せつの姿態を露骨に表現するもので、青少年に対し卑わいな、又は扇情的な感じを与えるものであること。
三 異性間若しくは同性間の性行為若しくはわいせつな行為を露骨に表現するもの又はこれらの行為を容易に連想させるもので、青少年に対し卑わいな、又は扇情的な感じを与えるものであること。
四 変態性欲に基づく行為又は近親相かん、乱交等の背徳的な性行為を露骨に表現するものであること。
五 ごうかんその他のりょう辱行為を表現するものであること。
六 青少年に対し明らかに卑わいな、又は扇情的な感じを与える表現が文字又は音声によりなされているものであること。

同性間もぱっちり入ってますしね。その図書が主として女性向けか男性向けかで区別はしていないし。BLが規制に係らないのは「青少年に対し卑わいな、又は扇情的な感じを与えるもの」ではない、という判断なのでしょうか。でも、実写DVD付の某雑誌とかは本当に大丈夫なのか???ちなみにこの後に条例13条1項に該当しなくても有害図書指定できる例が続きます。エロなページが当該書籍等のぺージ等の総数の五分の一又は合わせて三十ぺージ以上を占めるものは駄目だそうです。…結構キビシイ。性的興奮を煽っていない、ということで多くの作品は指定からはずされているのだと思うのですけれど、ううむ。結局、行政側が条例をどう運用するかにかかっているのかも。まぁ、そもそも私は大阪在住じゃないので、これ以上あれこれ考えるのはやめにしておきます。(いや、私の住んでいるところにも条例はあるんですけどね)

それはともかく、結局条例による規制は、発表したり、販売することそのものを規制しているわけではないわけで。(実際は雑誌なぞはコンビニにおかれなくなると大打撃で廃刊の憂き目を見るそうなのですが…)なので、「有害図書」は刑法の「わいせつ物」とは別物。保護法益も一部かさなるけど違う、と。で、刑法のほうは、175条絡みで古くはチャタレー事件から最近では某出版社のコミックなどで、表現の自由と激しく対立していましたが、条例はその対立はどうなんだろ?少なくとも、刑法ほどではないだろうから、規制はしやすいだろうね、色々と思いました。そして、実際もう何十年(?)も一応規制は行われているのだし、違法と判断した裁判所もないのだし。(規制は本当に必要かどうかというのはまた別の問題として)

結局、なにが言いたいのかよくわからない文章になってしまいました、反省。ポルノの定義とか、色々頭の中で蘇ってきたこともありますが、このへんで。別にBLの未来を憂えて調べたわけではないのですが、勉強になりました。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-02-10 22:26 | 雑文
<< 花の絵 結構面白い >>