キャンドル・ナイト
とある駅を通りかかったら、キャンドルを通路に並べてました。
駅前のステージでは歌手が歌ってるし、人は集まってるし、これはなにかあるな、と思ったらキャンドル・ナイトでした。
洞爺湖サミットと七夕に合わせて、駅周辺のビルの灯を午後8時から10分間消す、らしい。で、地球環境について考えるらしい。

用意されたキャンドル7000個だそうです。
使い終わったキャンドルをどーするんだとか、それだけキャンドルを使えばエコではないのでは、とか色々疑問は浮かびましたが、宵闇の中にゆれる火はきれいでした。
空は曇っているけれど、雲の切れ間から星が少しだけ見えました。これで周辺のビルの明かりが消えたら、星がくっきり見えるのだろうか、と思ってビルの明かりが消えるまで待つことにしました。


歌手の歌が終わると、知事の挨拶、それから市長の挨拶。偉い人が来ているので期待が高まります。それからわりと若そうな人がエコな宣言文を読み上げてました。消灯10秒前になったらカウントダウンしてくださいと叫ぶ司会のお姉さん。ますます期待が高まります。

で、ジャスト8時。

……あまり変わらないんですが。待っていた人の間に微妙な空気が流れていたのは気のせいではないと思います……
あちらのビルの明かりが消えてますと必死に叫ぶ司会のお姉さん。確かに斜め前のビルは明かりを消していました。あと、お役所の入っている建物も。

でも、他にも建物も明かりも沢山あるわけであって。
目の前の巨大なビルは1フロアだけ明かりを消しましたが、あとは煌々と照ったまま。目の前のNTTは半分くらいは明かりを消していたけれど、全部は消してませんでした。それにマンションの明かり、ファミレスの明かり。空は明るいままでした。残念。
[PR]
by alcyon_sea | 2008-07-08 01:01
<< 小笠原 1日目 久々 >>