辺見 庸 『もの食う人びと 』 角川書店
飽食の日本を飛び出して、アジア、アフリカ、ヨーロッパと各地で「食べた」著者のルポルタージュ。食べるということは、誰でも毎日していることなのだけれど、その当たり前の行為に、その土地の歴史、文化、政治、生活、さまざまなものが内包されて、深いです。

日本を抜け出して、著者が最初に食べたものは、ダッカの残飯。ホテルの残飯が貧しい人たちに食事として売られているのです。線香の煙で匂いをごまかして。食べた後、著者は残飯であったことを知って、口にすっぱい液があふれて、唾液を吐き出します。

この本は90年代の記録なのですけれど、今はどうなのでしょう。今でもダッカではホテルの残飯が売られているのでしょうか。そして、以前読んだ『日本の下層社会』を思い出しました。日本でも戦前は、残飯が「下層社会」の人々に売られていて、残飯を食べて生活している人がいたのでした。今の日本では残飯が人の食事として売られていないけど、売られていることを驚くことができるけれど……

他に、チェルノブイリの汚染地帯、サハリンの蕗、タイの猫缶工場、エトセトラ。あるいはポーランドの元政治家のインタビュー。共通項は食というだけで、本当に千差万別。身近なのに身近ではないことが書かれているのが、面白い理由なのだろうなぁと思いました。そして、私の「食」ははたしてどうなっているのだろう、とふと考えさせられました。
[PR]
# by alcyon_sea | 2007-09-09 21:44 | ノンフィクション
虚脱状態
急に涼しくなって、ぼーっとしてます。ナルニア国物語の作者が書いた『悪魔の手紙』なぞを手にとってはみるものの、今ひとつ頭に入ってこないです。とりあえず訳文と気候のせいにしておきます。そして、瀬田訳はやっぱり名訳だったのだなぁと思います。

この本、巻頭に、「J.R.R.トールキンに」とあるんですね。ここは萌えるところでしょうか?男の友情ってすばらしいなぁ。

本の中身は、人界で人間を堕落させるべく活動してる悪魔・ワームウッド君に、おじさんのスクルーテイプが助言の手紙を出すというもの。全部スクルーテイプの手紙の形になってます。世界大戦の様子、当時の社会事情、色々盛り込まれていて面白いはずなんですが、いかんせん頭が回らず。

一方で、頭がぼーっとしていても、どうにか把握できたことはといえば。『皇国の守護者』の漫画版を1~4巻まで読みました。原作の小説は去年1巻を読んだのですが、地理上の位置関係がいまいちわからなかったのです。漫画はわかりやすいです。こんな話だったんですね。

星界や銀英伝も、漫画やアニメで、ここはこうなっていたのか!と目からうろこだったことがあります。視覚情報は確かに理解の助けになりますな。(『悪魔の手紙』は視覚化しにくそうだけど)
[PR]
# by alcyon_sea | 2007-09-03 21:22 | 雑文
コードギアス 24・25話
23話までにルルーシュがしたことまとめ

・異母兄クロヴィス殺害
(クロヴィスは生前ルルーシュ親子の肖像画を描いていた、総督府にルルーシュ親子の住んでいたアリエス宮を模した庭園を造っていたことから、ルルーシュに悪意は持っていなかったらしいことが後に判明)

・同級生シャーリーの父親と多数の民間人殺害
(成田でコーネリア軍と日本解放戦線が戦ってるところに、ルルーシュ=ゼロ率いる黒の騎士団登場。山崩れを起こしてコーネリア軍をずたずたにします。ついでにシャーリー父を含む民間人も多数生き埋めに。)

・日本解放戦線の片瀬中将+部下殺害
(片瀬を救ってくれとの要請を受けて黒の騎士団出動。団員たちは本当に救うつもりだったのですが、ルルーシュはそんな気はなし。片瀬の逃走ルートに爆弾を仕掛けます。んで、自分で起爆スイッチを押して、配下の黒の騎士団に片瀬中将は自決されたのであだ討ちをする、と宣言)

・異母妹ユーフェミア殺害
(特区日本設立記念式典で、間違ってギアス発動。ギアスの命じるままに日本人を虐殺するユーフェミアをルルーシュは自ら射殺します。さようなら初恋だったかもしれないとかつぶやいてました)

他にも倒した相手はホテルジャックしたテロリストとか、ブリタニアの兵士とか色々いましたが、とりあえず割愛。人を殺傷する以外にも、黒の騎士団の組織拡大とか、キョウトと手を組んだりとか、スザクと協力してさらわれたナナリーを救ったりとか、学園祭の実行委員をやったりとか、色々してました。充実した生活を送っていてすばらしいといえなくもなくもない……。学園祭の企画運営と、テロ活動(ルルーシュ曰く独立戦争)の企画実行が等価値で語られるのがコードギアスのすごいところだと思います。

にしても動機はナナリーが幸せに暮らせる世界を作るため、母の死の真相を知るため、にしては、被害が広がりすぎというかなんというか。

24・25話はというと
[PR]
# by alcyon_sea | 2007-08-20 23:31 | 映画・雑誌・etc.
Madredeus "Movimento"
たまたまラジオをつけていたら流れていて、気になって買ったCD。CDを買うのはものすごーく久しぶりです。ジャンルはヒーリング系でしょうか?

検索してみたらオンラインで視聴できますね。データを買えますね。しかも、CDより安い……。さっそくPCにとりこんで聴いているので、オンラインで買ったほうが良かったような気もします。

もうCDは時代遅れなんでしょうかね。個人的にはデータが破損したとき、CDという有体物があるとなんとなく心強いです。HDDを1回ダメにしているので警戒心がどうも先に立って。

あと、CDは歌詞カードがついてます。Madredeusはポルトガル出身のグループだそうです。歌詞はポルトガル語。なので歌詞カードはありがたいです。(といいつつ、まだ読んでないんだけど)

聴いたところ、色々混ざっている感じなのですが、全体としてファドから土臭さを除いて、透明にしたような印象をうけました。女性ヴォーカルの声が澄んでいて、心が洗われるよう。
[PR]
# by alcyon_sea | 2007-08-12 22:51 | 映画・雑誌・etc.
熱帯夜
今思い返すと、中学だか高校の家庭科の教科書は結構有益なことが書いてあったなぁと思います。
服を着ていない人間に最適な気温は30度、という知識もここで得たはず。

なんでこんなことを思い出したかというと。
私の住んでいる地域もこのほどめでたく梅雨があけました。そこで、部屋のクーラーを本格稼動させたのです。

一応稼動するんですがね。ゲゲゲゲガガガガと爆音が響いて、聴覚的にも暑苦しいの何の。部屋の構造上の問題で窓用のエアコンをつけているので、音がうるさいのはある程度しかたないのですが、明らかに去年より音が大きくなっています。

極めつけは設定温度20度、強風で30度にしかなりません。しかも湿気っぽい。


☆この問題の解決策
家庭科の教科書に書いてあったように服を着ていない人間に最適な温度が30度であるのならば、服を着なければすべての問題が解決すると思われます。服を着なければ、クーラーに文句を言わなくてすみ、服の洗濯をしなくてすみ、電気・洗剤の使用量を減らせます。いいことづくめです。


……暑さと湿気で頭のねじがゆるんだみたいです。新田次郎の『八甲田山死の彷徨』を読んでも精神的体感温度は下がっても、肉体的体感温度はちっとも下がりません。青森歩兵第5聯隊が冬の八甲田山の前に次々倒れていく様は恐ろしいのですが、やっぱり暑いものは暑いのね。

この場合、やはりエアコンを換えるのが一番良いのでしょう。
[PR]
# by alcyon_sea | 2007-08-05 22:20 | 雑文