日本語訳の予定は?
アメリカヤフーの記事で偶然発見

指輪物語の6000年前のお話だそうで。

日本アマゾンでも取り扱ってました。

The Children of Hurin
J. R. R. Tolkien / / Houghton Mifflin (T)
ISBN : 0618894640




フーリンの息子トゥーリンの話。シルマリルにも出てきた物語だったはず、確か。アラゴルンの遠い祖先でもあるフーリンがサウロンの親分だったモルゴスに捕らえられます。そして、その子供たちはのろいにかけられます。子供たちが破滅していく様をフーリンはモルゴスによって身動きできない状態にされたまま、ただ見ているしかない、という話…だったはず。

……トゥーリンとエルフのベレグは私の頭の中ではできていることになっているので、ぜひ読みたいです。シルマリルのこの二人の箇所は萌えて萌えて大変でした。まぁ、友情だっていう説もありますけどね。(←そっちのほうが通説です)

映画の成功をもってしても"The History of Middle-earth"シリーズは翻訳されていないので、どうなることやら。もっとも『終わらざりし物語』は翻訳されたので、ぜひ。"The History of Middle-earth"1巻を図書館で借りてきて頭が真っ白になった私は、この本を原書で読むのはまずもって不可能ですので。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-04-18 20:42 | 雑文
<< 佐藤賢一 『王妃の離婚』 集英社 Gメール >>