熱帯夜
今思い返すと、中学だか高校の家庭科の教科書は結構有益なことが書いてあったなぁと思います。
服を着ていない人間に最適な気温は30度、という知識もここで得たはず。

なんでこんなことを思い出したかというと。
私の住んでいる地域もこのほどめでたく梅雨があけました。そこで、部屋のクーラーを本格稼動させたのです。

一応稼動するんですがね。ゲゲゲゲガガガガと爆音が響いて、聴覚的にも暑苦しいの何の。部屋の構造上の問題で窓用のエアコンをつけているので、音がうるさいのはある程度しかたないのですが、明らかに去年より音が大きくなっています。

極めつけは設定温度20度、強風で30度にしかなりません。しかも湿気っぽい。


☆この問題の解決策
家庭科の教科書に書いてあったように服を着ていない人間に最適な温度が30度であるのならば、服を着なければすべての問題が解決すると思われます。服を着なければ、クーラーに文句を言わなくてすみ、服の洗濯をしなくてすみ、電気・洗剤の使用量を減らせます。いいことづくめです。


……暑さと湿気で頭のねじがゆるんだみたいです。新田次郎の『八甲田山死の彷徨』を読んでも精神的体感温度は下がっても、肉体的体感温度はちっとも下がりません。青森歩兵第5聯隊が冬の八甲田山の前に次々倒れていく様は恐ろしいのですが、やっぱり暑いものは暑いのね。

この場合、やはりエアコンを換えるのが一番良いのでしょう。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-08-05 22:20 | 雑文
<< Madredeus &quo... コミック・ガンボ >>