吹き替えと字幕
gyaoでザ・ホワイトハウスを流しています。NHKで放送されてたとき、毎週欠かさずに見ていました。懐かしいです。

見たところ、gyaoは字幕で流してるんですね。それで、俳優の声が聞こえるのは良いとしても、だいぶ内容がはしょられているような気が……。記憶にあるのとなんか違うし、それ以前に、私の中学生レベルの英語力をもってしても、日本語字幕と俳優がしゃべっている英語の情報量に乖離があるような。すごい勢いでしゃべってるので、字幕だとどうしても情報が限られてしまうのでしょうけれど、残念。

映画は断然字幕派です。でも、吹き替えのほうが良い場合もあるのだなぁと、ちょっと考えが変りました。内容が伝わってなかったらドラマの面白さも減ってしまいます。あと、画面が暗いのが気になりました。

とはいえ、面白いことには変わりなく、見ていてあのころの萌えがうっすらと蘇ってきました。ジョシュとサムの関係もいいし、大統領とレオの関係もよい。男同士の友情はやっぱり萌えますな。萌えを求めてあちら(ってどちら?)のサイトをさまよっていたのも懐かしい。

で、英語ウィキペディアのスラッシュの項目がなにげに充実してることにも気がつきました。日本のwikiでもいわゆるオタク関係の項目はわりかし充実している印象を受けますが、あちらにも語りたい人がいるのだなぁと。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-10-14 21:35 | 雑文
<< 外部崩壊内部崩壊 歳月 >>