カテゴリ:雑文( 25 )
本番はいつ?
私の記憶によれば選挙の公示はまだのはず。なのに、住んでいる地域では5月中から、宣伝カーが出て、立候補予定の○○です!と叫んでいました。もちろん、選挙期間中ほど頻繁ではありませんけれど。駅前では、のぼりを立てて、立候補予定の○○氏が演説をぶっていました。ポストにはチラシが入ってました。気が早いにもほどがあるような。これって全国的に普通なの?

で、最初は野党の○○氏のみだったのですが、やはり他の人たちも不安になるのでしょう。6月になってからは与党の××氏が宣伝カーを走らせ始めました。ポストにチラシも入ってました。誰かがフライングを始めると、みんなでフライングを始める様がまるで就職協定のようですね。ちなみに、××氏は、もったいないがどーのこーのと言ってましたが、選挙期間外に宣伝カーを走らせて排気ガスを排出するのはもったいなくないのだろうか。私には難しくてよくわかりません。

んで、今週末。××氏は出遅れを取り戻すためかどうか、イメージソングを製作したようです。午前中惰眠をむさぼっていたら、家電量販店のCMソングを彷彿とさせる歌で目が覚めました。幻聴かと思ったら、家族も聞いていたので、残念ながら幻聴ではありませんでした。寝ぼけていたために、今ひとつ把握し切れていないのですが、候補者名をさびにのせてひたすら連呼する歌のようです。

それで、肝心の選挙はいつあるのでしょう。6月末で歌が出てきたなら、本番は踊りくらいはあるかもしれませんね……ぎかいせいみんしゅしゅぎってなに?
[PR]
by alcyon_sea | 2007-06-24 22:16 | 雑文
昔の少女漫画風コスメ
数年前からスーパーやドラッグストアで見かけて気になっていたヒロインメイク
イラストもそれについてるせりふも強烈なインパクトあり。


マスカラ
「まつ毛は常に上を向いていなければ。」
天まで届け!マスカラ
アイライナー
「涙は美しく流すものです。」
涙が似合うアイライナー
なんだか、おっしゃるとおりでございますと思わずへりくだってしまいそうな妙な勢いが…

最近、別のメーカーから似たような70年代(?)少女漫画風パッケージのコスメが出ているのに気づきました。その名も美肌一族。こちらのほうは公式サイトに小説まで載っているのですね。すごいなぁ。(強烈な勢いに気おされて小説は未読…)

そういえば、先日ドラッグストアでマリーアントワネットマスカラも見かけました。ベルバラのアントワネットのイラストが入ってました。

ファッションは10年前・20年前のものだと古臭く感じられるけれど、30年くらい昔のものになると、逆に新しさを感じ始める、というようなことを読んだ記憶があります。昔の少女漫画風コスメがいくつか出てきたのもその法則なのかしら?確かにこういう傾向のイラスト(とせりふ)は普段回りにないので新鮮な感じがする、かなぁ。

このように気にはなってはいるのですが、実はまだ使ったことがありません。実力のほどは如何?
[PR]
by alcyon_sea | 2007-05-25 20:28 | 雑文
アマゾン
アマゾンのイメージ。チボール・セケリの『ジャングルの少年』という児童書があって、それを読んだときに感じたイメージが深く深く刷り込まれています。残念ながら、今は絶版で、復刊ドットコムで投票が行われているみたいです。気に入って何回も読んだ本なので寂しいです。

本の内容はというと、アマゾン河で、客船が難破します。周りはジャングルです。船の修理には時間がかかります。文明から切り離されてきっつい状況です。その難破船に乗り合わせていた著者は、原住民の少年と交流を持ちます。そして、少年が食料の調達についてなにかと助けてくれるのです。パイナップル、アマゾンの魚、水の調達、火の熾し方。アルマジロの肉(だっけ?)はすごーくおいしそうで、ぜひ食べてみたいものだと子供心に思いました。あ、いや、食料以外にもピラニアの脅威とか河を流されていくジャガーの話とか他の話も面白かったです。

とにかく、次から次に食料が出てきてすごいなぁと驚いた記憶があります。そんなわけで、アマゾンのイメージは流域のジャングルが奥深くてなんでもある、というものに私の中ではなりました。

で、アマゾンの名前を冠した某オンラインショップ。最初に見たときは、取り扱いは本だけで、アマゾンの名前からするとちょっと役不足かも?と感じたのです。(アマゾンの名前の由来は流域がどうのというのではなく、アマゾン河に支流が多いからだとか検索したら出てきましたが)

ところが最近、シャンプーを切らして、二駅先の店まで行くのはめんどいしなぁと、ネットで検索したら…アマゾンにありました。あらためて見たら取り扱い品目が増えてますね。キャンプ用品、スニーカー、化粧品、冷蔵庫。なんでもある……って、いわゆる特定玩具まで取り扱ってるんですが。ちゃんと18禁扱いになってますけれど。

広辞苑や聖書が売られているのと同じノリで特定玩具が売られているのって、ちょっとシュールな気もしなくなくもなく。その一方で、そういった物の需要もつきつめれば、喉が渇いたとか本が読みたいとか山とある人間の欲求の一つに過ぎず、なんでも扱うお店はありとあらゆる人の需要なり欲求なりを満たす必要があるのだろうから、そういうものが普通にまぎれて売られていても不思議ではないなぁと思ったり。

とはいえ、高尚(とされるもの)とフケツよ!と言われかねないものが、個々のモノに付加される社会的価値観なり評価なりから切り離される形で同列に商品として売られているってどういうことなんだろうとぼんやり考えたりも…。

結論。とにかく驚いた。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-05-19 22:45 | 雑文
日本語訳の予定は?
アメリカヤフーの記事で偶然発見

指輪物語の6000年前のお話だそうで。

日本アマゾンでも取り扱ってました。

The Children of Hurin
J. R. R. Tolkien / / Houghton Mifflin (T)
ISBN : 0618894640




フーリンの息子トゥーリンの話。シルマリルにも出てきた物語だったはず、確か。アラゴルンの遠い祖先でもあるフーリンがサウロンの親分だったモルゴスに捕らえられます。そして、その子供たちはのろいにかけられます。子供たちが破滅していく様をフーリンはモルゴスによって身動きできない状態にされたまま、ただ見ているしかない、という話…だったはず。

……トゥーリンとエルフのベレグは私の頭の中ではできていることになっているので、ぜひ読みたいです。シルマリルのこの二人の箇所は萌えて萌えて大変でした。まぁ、友情だっていう説もありますけどね。(←そっちのほうが通説です)

映画の成功をもってしても"The History of Middle-earth"シリーズは翻訳されていないので、どうなることやら。もっとも『終わらざりし物語』は翻訳されたので、ぜひ。"The History of Middle-earth"1巻を図書館で借りてきて頭が真っ白になった私は、この本を原書で読むのはまずもって不可能ですので。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-04-18 20:42 | 雑文
Gメール
いまさらなのですが、グーグルでメールアカウントを取ってみました。

ちょっと驚きました。便利です。添付ファイルが複数あるとき、一括してDLできるのは便利。他のメールアドレスから発信した形にして、メールを送れるのも便利。アウトルックなぞにくるメールもグーグルのほうに転送できるみたいです。メールの分別機能も充実してます。

今まで使ってみた無料メール
A 5MBの時点で使いにくい。削除されてなければまだあるはず。
B 上に同じ。しかも@以下が覚えにくい。
C 本名丸出しのアドレスの転送先として使用、のはずが先月あたりから肝心の転送メールがスパム扱いされるようになりました。なぜ?一番嫌なのは下書きとして保存したメールに添付したファイルが開けない。(開けるのかもしれないけどやりかたがよくわからない…)
D 特に問題はないけど、使いやすいわけでもなく。本文や添付ファイルの容量制限が微妙な感じ。メンテナンスも…。スパムや宣伝メールがくる恐れのあるところにメールアドレスを出すときはこれ。
E アカウントが取得しにくかった。使っている人が多いのでしょう。お店などで、ここのメールは受け付けないと指定されてるときあり。

…現時点では、他のメールアドレスの欠点をほぼクリアしているように思われます。
オンラインでの文書作成機能も便利。メールについてきた文書をすぐに、オンラインで編集・保存できるんですね。一々ブリーフケースにいって、ということもないので快適です。共有も可。これなら、修正訂正を繰り返した文書が何度も添付されてぐるぐる回る、ということもなくなるのかも。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-04-16 22:06 | 雑文
平穏
ようやく静かになりました。大して広くもない地区に候補者が10人以上いたのがそもそも(ごにょごにょ)

加えて、家のすぐ側の道路を越えると、隣の選挙区です。1選挙区に普通1人しかいないはずのK党とかK党の候補者がやたらと回ってくるので、時代は変わったのかしら、私も老けたもんね…ではありませんでした。どうやら2倍聞かされていたらしい。

にしても
「××△△をどうぞよろしくお願いします」
↓(声遠ざかる)
「ご町内の皆様、△△○○です。△△○○、△△○○です、最後のお願いにまいりました」
↓(声遠ざかる)
「○○××、○○××、一生懸命がんばります。○○××…」
↓(声遠ざかる)


ひたすら名前のリピート。候補者の経歴すらわかりません。現職の人は過去の業績を言っている場合もありましたが。
議会制民主主義とは何ぞやと思った春の宵。
(投票には行きました)
[PR]
by alcyon_sea | 2007-04-09 22:08 | 雑文
海上の廃墟
かなり以前に、家にあった日本の離島ガイドブックで、とても気になっていた島がありました。長崎の沖合いにあって、海底から石炭を掘って栄えていました。しかし、エネルギー政策の転換により、石炭採掘は廃業。何十年前かに島民は全員退去して、今は島全体が廃墟となっているとか。通称軍艦島。正式名称は端島というのだそうです。

緑が少なくて、朽ちかけた高層の建物が海上に林立している写真が、とてもインパクトがありました。それなのに、無人だというのも。

最近になって、こんなサイト発見。
軍艦オデッセイ(音注意。重いです)
写真いっぱい。島の歴史にも詳しいです。ガイドブックには、定期便無し、船会社と話をつければ、行ける、と書いてあったのですけれど、今は立ち入り禁止で観光資源として整備が進められているみたいです。ただ、島を外から眺めるクルーズはあり。世界遺産登録運動もあるみたい。

島の人が全て退去したのは1974年。遠い昔というほどでもありません。サイトの写真を眺めていると、今現役で存在してもおかしくない建物の群れが廃墟と化していて、不思議な気分になりました。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-04-02 19:28 | 雑文
予想外
コードギアス 反逆のルルーシュ 第22話「血染めのユフィ」を見ました。


えーと。深夜アニメってすごいですね。そういえば、オリジナルのアニメはほとんどみたことがなかったです。原作が好きで、その延長でアニメ化されたものを見ていました。銀英伝、エマ、ベルセルク(最後のほうは見てない)、十二国記、エトセトラ。攻殻機動隊は、原作未読ですが。

なので、心の準備ができていなかったのかもしれませんが、すごかった。このタイトルなら血染めになるのはユフィか、ひょっとしたら、命が危ないのかもと心配していました。油断してました。

ネタバレ
[PR]
by alcyon_sea | 2007-03-26 21:54 | 雑文
わりとどうでもよい衝撃
最近知って衝撃を受けたこと

その1
『東京大学物語』は最後は夢オチだったらしい。てか、完結してたんですか。

昔、数冊友人に借りました。腎虚で逝きそうな人がたくさんいるなぁという印象でした。あと、エロだけでまるまる1話くっていた回があったので、ストーリーを考える手間が省けてよいね、とも思った記憶も。

あれが全部夢オチかぁ…。絶句。が、どちらかというと、金もらっても家に置きたくない類の漫画なので、わざわざ噂の真相を確かめる気にはなれないです。


その2
森岡浩之が、星界シリーズを出す前に、別名義で某F書院でエロ小説を書いてた、らしい。

ぐぐってみたら、銀河帝国とか、皇女とかがでてくるSFエロ小説の模様。皇女さまが陵辱されたりするらしい。古式ゆかしいエロ小説の模様。古本で現在も入手可能のようです。なにせ、新刊がいつまでたっても出ないので、なんとなく興味が……。

と思ったら、3月8日に新刊発売みたいです。…本編ではなく、断章ですけれど。というわけで、別名義のエロ小説は、まぁいいです。

前の巻で次巻はまもなくといっていたはずだけど、どうなったんだろう。本当に10年待ちになるのか?さすがにそれだけは。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-03-06 20:40 | 雑文
携帯電話
社名が3回変わった会社の携帯を使っています。どういうわけか、数年来、変えよう変えようと思って変えていません。

○携帯電話のおもひで
社名:Jフォン時代
毎月、請求書とともに表紙が藤原紀香の写真の広告冊子が入っていた
冊子つきなので、当然、請求書は封筒で来ていた
思えばこのときが絶頂期だった
時とともに紀香に小じわが目立つようになり、Jフォンの雲行きも怪しくなっていった
紀香はいなくなり、ついに、ボーダフォンに買収される

社名:ボーダフォン時代
紀香はいなくなったが、請求書はまだ封筒で来ていた
広告冊子表紙の写真がベッカム・中田の時が稀にあり、外国資本はすごいとちょっと思った
広告冊子には、ハンガリー人と結婚した人のエッセイ風漫画が載り始め、これは面白かった
……やがて、有名人の写真は消え、ついに請求書は葉書1枚になった
(葉書になっても、漫画は引き続き載っていたが)
残念ながら、郵便代・冊子代をケチっても本質的な問題解決にはならなかったようで、英国資本は海の外に去った

社名:ソフトバンク時代
社名が変わって早々、広告の表示だのCMの内容などで、評判になった
請求書は相変わらず葉書1枚である
ちなみに漫画はまだある
しかし、ばら色の未来があるとはあまり思えない…

付けたし
旅先で他社の携帯は通じるのに、駄目なことが数回
悲哀を感じた


ちなみに、家族はAUなのでAUが請求書を封筒で送ってくることは知っています。ドコモはどうなんでしょう?
葉書の請求書も資源の節約になっていいとは思いますがね。なんというか、気分の問題というか…

で、変えない理由
・すでに廃止された料金体系を使ってる。そのためなんとなくレア感がある(ほんとかな)
・画面が白黒(メールはできる)携帯を使っていた人がいたので、なんとなく対抗意識が…。私のは画面はカラーだけれど、カメラなしです。今、こんなものを使っている人はいないので、希少価値が出てきているような気がする(気のせいです)
・めんどくさい(これが一番の理由かも)

はたして、私は年内に携帯会社を変えるのでしょうか?
[PR]
by alcyon_sea | 2007-02-20 21:44 | 雑文