<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
佐藤賢一 『王妃の離婚』 集英社
直木賞受賞作品、に納得。面白かったです。この作者らしく、中世フランスの親族法や裁判の様子も詳しくて、楽しかったです。カルチェラタンの活気は、以前読んだ同じ作者の『カルチェラタン』を思い出しました。

内容
舞台は1498年フランス。国王ルイ12世は王妃ジャンヌに対して離婚裁判を起こします。裁判で、王は王妃に身体的欠陥があって普通の結婚生活ができないから別れるのだと主張しています。

しかし、これは建前で王妃は前王の娘。前王は死んだし、べつに美人ではなし、気が合うわけでなし、早く別れてもっと領地をいっぱい持っているお金持ちの後家さんと結婚したいというのが王の本音。有力な味方のいない王妃は、孤立無援の戦いを強いられています。そんな王妃の弁護に立ち上がったのが、かつてパリ大学で秀才の誉れ高かったフランソワ。わけあって今は、しがない田舎弁護士です。

裁判が進むにつれて、フランソワの過去が明らかになっていきます。フランソワが都落ちした原因は、王妃の父である前王にありました。前の王様も結婚問題でいろいろやってしまっていて、フランソワはそれとは知らずにつきとめてしまったために、王の怒りを買って都落ちする羽目になったのでした。



いわば敵の娘の弁護をするフランソワ。さらにフランソワの過去の女性や、その女性の弟とのいざこざも登場してきます。中世フランスにふさわしく、アベラールとエロイーズの物語が下敷きになっていました。

アベラール、昔読んだ子供向けの本では自分の信条を貫いて挫折した信念の人のイメージだったのですが、この本だと結構情けないダメ男でした。これは、女性の親族にやられても、同情はできないというか、いやそれでも気の毒ではあるのだけれど(ごにょごにょ)ちょっと見方が変わりました。

離婚裁判の闘いの物語であると同時に、フランソワや王妃の過去との和解の物語でもありました。舞台は中世ではあるけれど、過去との葛藤やもつれた男女の感情は現代にも通じるところがあり、特殊性と普遍性がいい感じで混在している気がしました。それに最後の終わり方がとてもさわやかで、良かったです。
……現実にはなかなかこう綺麗にはいかないと思いますがね。(ぼそっ)
[PR]
by alcyon_sea | 2007-04-25 20:56 | 小説
日本語訳の予定は?
アメリカヤフーの記事で偶然発見

指輪物語の6000年前のお話だそうで。

日本アマゾンでも取り扱ってました。

The Children of Hurin
J. R. R. Tolkien / / Houghton Mifflin (T)
ISBN : 0618894640




フーリンの息子トゥーリンの話。シルマリルにも出てきた物語だったはず、確か。アラゴルンの遠い祖先でもあるフーリンがサウロンの親分だったモルゴスに捕らえられます。そして、その子供たちはのろいにかけられます。子供たちが破滅していく様をフーリンはモルゴスによって身動きできない状態にされたまま、ただ見ているしかない、という話…だったはず。

……トゥーリンとエルフのベレグは私の頭の中ではできていることになっているので、ぜひ読みたいです。シルマリルのこの二人の箇所は萌えて萌えて大変でした。まぁ、友情だっていう説もありますけどね。(←そっちのほうが通説です)

映画の成功をもってしても"The History of Middle-earth"シリーズは翻訳されていないので、どうなることやら。もっとも『終わらざりし物語』は翻訳されたので、ぜひ。"The History of Middle-earth"1巻を図書館で借りてきて頭が真っ白になった私は、この本を原書で読むのはまずもって不可能ですので。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-04-18 20:42 | 雑文
Gメール
いまさらなのですが、グーグルでメールアカウントを取ってみました。

ちょっと驚きました。便利です。添付ファイルが複数あるとき、一括してDLできるのは便利。他のメールアドレスから発信した形にして、メールを送れるのも便利。アウトルックなぞにくるメールもグーグルのほうに転送できるみたいです。メールの分別機能も充実してます。

今まで使ってみた無料メール
A 5MBの時点で使いにくい。削除されてなければまだあるはず。
B 上に同じ。しかも@以下が覚えにくい。
C 本名丸出しのアドレスの転送先として使用、のはずが先月あたりから肝心の転送メールがスパム扱いされるようになりました。なぜ?一番嫌なのは下書きとして保存したメールに添付したファイルが開けない。(開けるのかもしれないけどやりかたがよくわからない…)
D 特に問題はないけど、使いやすいわけでもなく。本文や添付ファイルの容量制限が微妙な感じ。メンテナンスも…。スパムや宣伝メールがくる恐れのあるところにメールアドレスを出すときはこれ。
E アカウントが取得しにくかった。使っている人が多いのでしょう。お店などで、ここのメールは受け付けないと指定されてるときあり。

…現時点では、他のメールアドレスの欠点をほぼクリアしているように思われます。
オンラインでの文書作成機能も便利。メールについてきた文書をすぐに、オンラインで編集・保存できるんですね。一々ブリーフケースにいって、ということもないので快適です。共有も可。これなら、修正訂正を繰り返した文書が何度も添付されてぐるぐる回る、ということもなくなるのかも。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-04-16 22:06 | 雑文
平穏
ようやく静かになりました。大して広くもない地区に候補者が10人以上いたのがそもそも(ごにょごにょ)

加えて、家のすぐ側の道路を越えると、隣の選挙区です。1選挙区に普通1人しかいないはずのK党とかK党の候補者がやたらと回ってくるので、時代は変わったのかしら、私も老けたもんね…ではありませんでした。どうやら2倍聞かされていたらしい。

にしても
「××△△をどうぞよろしくお願いします」
↓(声遠ざかる)
「ご町内の皆様、△△○○です。△△○○、△△○○です、最後のお願いにまいりました」
↓(声遠ざかる)
「○○××、○○××、一生懸命がんばります。○○××…」
↓(声遠ざかる)


ひたすら名前のリピート。候補者の経歴すらわかりません。現職の人は過去の業績を言っている場合もありましたが。
議会制民主主義とは何ぞやと思った春の宵。
(投票には行きました)
[PR]
by alcyon_sea | 2007-04-09 22:08 | 雑文
海上の廃墟
かなり以前に、家にあった日本の離島ガイドブックで、とても気になっていた島がありました。長崎の沖合いにあって、海底から石炭を掘って栄えていました。しかし、エネルギー政策の転換により、石炭採掘は廃業。何十年前かに島民は全員退去して、今は島全体が廃墟となっているとか。通称軍艦島。正式名称は端島というのだそうです。

緑が少なくて、朽ちかけた高層の建物が海上に林立している写真が、とてもインパクトがありました。それなのに、無人だというのも。

最近になって、こんなサイト発見。
軍艦オデッセイ(音注意。重いです)
写真いっぱい。島の歴史にも詳しいです。ガイドブックには、定期便無し、船会社と話をつければ、行ける、と書いてあったのですけれど、今は立ち入り禁止で観光資源として整備が進められているみたいです。ただ、島を外から眺めるクルーズはあり。世界遺産登録運動もあるみたい。

島の人が全て退去したのは1974年。遠い昔というほどでもありません。サイトの写真を眺めていると、今現役で存在してもおかしくない建物の群れが廃墟と化していて、不思議な気分になりました。
[PR]
by alcyon_sea | 2007-04-02 19:28 | 雑文